遺産を相続することで発生する相続税

亡くなった人の遺産を相続するときに発生する税金を相続税といいます。
ただし、全ての遺産に税金が発生するわけではなく、一定金額を下回る場合は支払う必要がありません。
これを基礎控除といい、控除額は3000万円+法定相続人の人数×600万円で出すことができます。
法定相続人とは、亡くなった人の戸籍から判断する法的に遺産を相続できる権利がある人です。
配偶者は常に法定相続人となりますが、その他、故人の子供及び子供が亡くなっている場合は孫・ひ孫が第1順位相続人、故人の直系の父と母及び父母が亡くなっている場合は祖父母が第2順相続人、故人の兄弟・姉妹及び兄弟・姉妹が亡くなっている場合は姪っ子・甥っ子が第3順相続人になります。
遺言がない場合は順位に応じて法定相続人が遺産相続をしますが、遺言がある場合は受遺者が優先されます。
受遺者ももちろん税金は支払わなくてはなりません。
具体的な税金の控除額について例えば法定相続人が4人なら、3000万円+4人×600万円=2400万円となるので、遺産相続が2400万円以下なら相続税はかかりません。
相続税は相続発生から10か月以内に申告と納税をする必要があります。
また、遺産放棄をするには相続発生から3か月以内としているので、早めに遺産状況を確認して遺産相続をするか遺産放棄をするか決めましょう。
遺産放棄をする場合は、法定相続人の全員が放棄の手続きを取る必要があるので注意してください。